【双子の恋】兄妹でありながら一途に想い続けた二人の恋路♡「双子たちの諸事情」作品紹介

マンガ

はい、こんにちは。キザメです。

今回は、

鉄一さんの「双子たちの諸事情

を紹介していきます。

 

この作品は、

ネット広告で上がってきたのを見て

気になり、手に取った作品です。

 

思ってた以上にキュンキュンしてしまい

紹介するに至ったわけです(笑)

 

それでは始めていきましょう。

あらすじ

双子の兄妹である紅基と那青。

両想いな2人だが、

“双子”であるため、想いを隠し合っていた。

しかし、母から“本当は双子ではない”と告げられて…。

 

戸惑う2人の恋の行方は?

双子の狭間で恋が揺れる、

純度120%ラブコメ。

本書1巻裏表紙より引用
スポンサーリンク

見どころ

禁断の恋!? 

キャーっ(≧∇≦)ドキドキすると思って

読み始めてみたら、

1話の3ページ目で実は双子じゃなかったことが

あっさりと母親の口から

バレてしまうという、

ガバガバな感じでスタートしてしまいますが、

すでに互いのことが好きだと自覚していた二人からしたら

とんでもない一大事だったわけです。

兄妹だからと言い聞かせてきた想いの蓋が

外されてしまったので、

普段気にしないような些細な出来事にも

ドキドキし始めるようになってしまいます

ただ、本人たちは

お互いに両片想いだとは思っていないので、

バレないようにバレないように

振る舞います(苦笑)

まあ、周りからは割とバレバレなんですけどね(;^ω^)

 

 

つうか、那青ちゃん可愛いなー(*´▽`*)

 

 

さて、そんな感じで進んでいく

二人の恋模様なのですが、

2人を周りで支える人たちも

素敵な人が多かったりします。

 

特に好きなのが、

友人の緑川宗太と二人のおばあちゃんです。

 

宗太は、中学からの友達で、

ちょいちょい、紅基のことをからかいつつも、

ちょっとした変化を敏感に察して

声をかけてくれるいいやつです。

家族以外興味のなかった紅基の数少ない理解者です。

友達になったエピソードも描かれています。

  

おばあちゃんは、

二人の想いにいち早く気づいていて

積極的に推すわけではないけれど

悩んでたり、想いがあふれてそうな時は

ちゃんと背中を押してくれる優しい人です。

 

そんな人たちに支えられ進んでいく二人の歩み、

ぜひ読んでみてください。

終わりに

ここまで、

双子たちの諸事情」を紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

兄妹でありながら、

お互い一途に思い続けた二人の恋路

とくとお楽しみくださいね。

 

 

また、私キザメはこのブログの他に

Twitterでも、

新刊の購入・読了ツイートブログの更新ツイート

をあげたりしているので、

よかったらフォローしてください(*´∇`*)

今回はここまで!

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました