【魔法のパンケーキ】料理が繋いだ家族の輪「宙ごはん」作品紹介

小説

はい、こんにちは。キザメです。

今回は、

町田そのこさんの「宙ごはん

を紹介していきます。

町田そのこさんは

52ヘルツのクジラたち

で2021年の本屋大賞を受賞されている作家さんで

気にはなっていたのですが、

まだ未読のまま今に至ってしまいました。

ただ、今回

2023年本屋大賞に本作がノミネートされたということで、

満を持して手に取ってみた次第です。

 

率直にすごい作家・作品に出会ってしまったと

震えております。

 

ぜひともみなさんに読んでみて欲しい作品でした。

 

それでは始めていきましょう。

あらすじ

この物語は、あなたの人生を支えてくれる

宙には、育ててくれている『ママ』と産んでくれた『お母さん』がいる。

厳しいときもあるけれど愛情いっぱいで接してくれるママ・風海と、

イラストレーターとして活躍し、大人らしくなさが魅力的なお母さん・花野だ。

二人の母がいるのは「さいこーにしあわせ」だった。

宙が小学校に上がるとき、夫の海外赴任に同行する風海のもとを離れ、花野と暮らし始める。

待っていたのは、ごはんも作らず子どもの世話もしない、授業参観には来ないのに恋人とデートに行く母親との生活だった。

代わりに手を差し伸べてくれたのは、商店街のビストロで働く佐伯だ。

花野の中学時代の後輩の佐伯は、毎日のごはんを用意してくれて、話し相手にもなってくれた。

ある日、花野への不満を溜め、堪えられなくなって家を飛び出した宙に、佐伯はとっておきのパンケーキを作ってくれ、レシピまで教えてくれた。

その日から、宙は教わったレシピをノートに書きとめつづけた。

 

全国の書店員さん大絶賛!

どこまでも温かく、やさしいやさしい希望の物語。

Amazon商品紹介ページより引用
スポンサーリンク

見どころ

いやー、

率直に感動したし、

感情が揺さぶられまくった作品でした。

 

特別分厚い本というわけでもなく、

加えて5話構成なので、

サクサク読めるかと思っていましたが、

各話がジェットコースターのように激動で、

割と登場人物の心情に寄ってしまう私としては、

何度も何度もギューッと胸を掴まれたり

とても温かい気持ちになれたりとで、

揺れ動く感情を飲み込むのに時間がかかってしまいました。

 

でも、温かさ多面性不確かさといった

人間の様々な部分を垣間見ることができて、

楽しい読書体験をさせていただきました。

 

この作品全体を通して、

多くの出会いと別れが描かれるのですが、

その中で経験する様々な感情の揺れを糧にして、

それを経て育ったの成長はもちろんなのですが、

「お母さん」である花野最初とは別人かしらと思うくらいの

成長を見せてくれるので、

子供だけでなく、親、ひいては大人だって

成長するんだというのが大変伝わりました。

 

そして、その中で重要な役割を担うのが、

各話に出て来る料理たちです。

  • 第一話 ふわふわパンケーキのイチゴジャム添え
  • 第二話 かつおとこんぶが香るほこほこにゅうめん
  • 第三話 あなたのための、きのこのとろとろポタージュ
  • 第四話 思い出とぱらぱらレタス卵チャーハン
  • 第五話 ふわふわパンケーキは、永遠に心をめぐる

タイトルのラインナップを見ると、

特筆してすごい料理というわけではもちろんないですが、

それぞれのエピソードにおける

各登場人物の心を救い

時にはその関係性を密にしてくれた

そんな重要な立ち位置の料理たちなのです。

 

パンケーキもいいのですが、

個人的には第4話の「ぱらぱらレタス卵チャーハン

が印象的でした。

というのも、あの花野が宙に振る舞った料理だからです。

「あの」なんて言ってもピンと来ないかもしれませんが(苦笑)

ここに行きつくまでの物語の積み重ねで

母親が娘に料理を振る舞うという

至極一般的なシーンが

めっちゃいいシーンに様変わりしたのです。

この時の、宙・花野の心情を想う

とても胸に来るものがあります。

 

きっとみなさんにも思い出の料理やお店のメニュー

それにまつわるエピソードがあるかと思います。

そういう自身の思い出も、

読んでいるとフラッシュバックしてきました。

この作品を読んだ後、

ご家族とそんな話をしてみるのも粋かもしれませんね(*´▽`*)

 

物語を彩る料理たちには触れたので、

各エピソードにも少し触れていきたいと思います。

  

どの話も印象的で多くの気付きを与えてくれたのですが、

やはり1番は第5話の被害者と加害者家族の話ですね。

被害者や被害者家族に許しを乞うのは暴力と同じだ。

という言葉にはハッとさせられてしまいました。

本編では、主に加害者家族の目線で3つのケースが語られているのですが、

どのケースにおいても、

許されたいというよりは償いたいと願う加害者及びその家族に対して、

許したくないし、そもそも関わってほしくない、思い出させてほしくない

という被害者及びその家族決して相入れることのない思い

とてもリアルなやり取りとして描かれていて、

読んだ感想としては、

この思いを知れたことは、きっとこの後の人生の財産になる

と思いました。

正直、どちらの立場にもなりたくはないですが、

これまで他人事としてみてきた出来事であっても

この視点を知っているだけでも

見え方は変わってくるんだろうなと思いました。

 

この作品の各話におけるメインのテーマは

この「被害者・加害者」の話のように、

重たい内容が多いですが、

その痛みを知り

決して、100%納得したわけでも

受け入れたわけでもない中で、

上手く飲み込んで

糧として成長していく姿に、

学ぶことが多いなというのが実感です。

 

冒頭でも言いましたが、

本当にジェットコースターのように、

感情が揺さぶられる話ばかりで、

その都度、考えたい物事が押し寄せてくるので、

しっかりと咀嚼して飲み込むのには時間がかかる作品でした。

ですが、

時間がかかってでも飲み込んでページを進めた先には、

きっと温かな気持ちになれる情景と料理

待っていてくれると思います。

 

この本が

多くの人に届くことを願うとともに、

この記事がその一助となれたらいいなと思っています。

ぜひ語り合いましょう!

終わりに

ここまで、

町田そのこさんの「宙ごはん

を紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

正直、どのエピソードも語りたいくらい、

この物語に引き込まれてしまいました。

それほどに、情景描写も心理描写も

鮮明に感じ取ることができました。

町田そのこさんの他の作品も

読んでみたくなってしまいましたね。

これから、追っていきたいと思います。

 

さて、このブログでは、

この作品以外にも

本屋大賞2023ノミネート作品の紹介記事を書いています。

違和感が導く衝撃!「#真相をお話しします」作品紹介
今回は、結城真一郎さんの「#真相をお話しします」を紹介していきます。本作は本屋大賞2023のノミネート作品でもあります。5つの話からなる短編集ではありますが、どれも予想した結末から見事に裏切られます。ぜひ味わってみてください。

よかったら読んでみてください。

 

また、このブログの他に

Twitterでも、

新刊の購入・読了ツイートブログの更新ツイート

をあげたりしているので、

よかったらフォローしてください(*´∇`*)

今回はここまで!

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました