【ラーメン】×【猫】=【癒し】 こんな職場で働いてみたい!猫が営むラーメン屋『ラーメン赤猫』作品紹介

マンガ

はい、こんにちは。キザメです。

今回は、

アンギャマンさんの「ラーメン赤猫

を紹介していきます。

 

この作品はTwitterに上がってきたのを見つけて

気になり過ぎて即購入してしまいました(笑)

最初は、「看板猫」的な感じかなと思っていましたが、

いい意味で裏切られましたね。

 

こういうお店で働く前に

まずはお客として食べてみたいところですね。

 

それでは始めていきましょう。

 

注)なお、この記事は2023年2月に投稿された記事を加筆修正した記事となっています。

 最初に記事にした3巻以降についての紹介は「追記」という形で加筆しています。

 もし、加筆部分だけ見たいという方は、下の[目次]の追記部分をクリックしていただけるとそこに飛びますので、ご活用くださいm(__)m

あらすじ

猫が営むラーメン屋に面接をしに来た珠子。

店長からの質問に「犬派」と答えて、

あっさりと採用されたのだが…、

仕事内容は猫の世話係!?

 

ラーメン赤猫、

癒し大盛りで始まります!!

本書1巻裏表紙より引用
スポンサーリンク

見どころ

 【悲報】猫好きが過ぎると働けないみたいです!

 

いきなりすいません(;’∀’)

「ラーメン赤猫」は猫好きのお客が多くやってくるため、

スタッフも猫好きだと、

過度のスキンシップなどで猫たちの気が休まらないみたいです。

猫好きの方はお客として足繫く通ってあげてください(笑)

 

さて、

まずは登場するキャラクターたちから紹介していきましょう!

・文蔵

・佐々木

・サブ

・ハナ

・クリシュナ

・珠子

 

こんなメンバーでお送りしていますし、

赤猫を助けてくれる方も多いです。

弁護士の寺田さん(上)や便利屋の城崎くん(下)

 

多くのお客さんもルールや理念を理解して来店していますが、 

中には、相手が猫だと舐めて突っかかってくる輩

写真撮影禁止のルールを守らない迷惑系ユーチューバー

来たりしますが、

珠子を含めた店員の毅然とした態度や寺田さんの協力により、

乗り切っていきます。

 

個人的には、

このお店の理念である、

接客一番 味二番

というのはとてもすてきだなと思っていて、

決して猫が人間と同じつくり方で作っているわけではなく、

例えば、

ネギはダメだからキンツァイを使うとか、

味見もかなり薄めたもので確認するとか、

猫界のタブーはしっかり守ったうえで提供しているというのが

この作品の作りこみのすごさを感じさせてくれます。

 

このような感じの赤猫で働くこととなった珠子ですが、

戸惑いながらも一生懸命働く姿に

みんなからの信頼も得ていきます。

そして、得た信頼の先にはこんなご褒美もあったり

3巻で訪れる、元上司との再会回では、

お客さん含めたみんなで守ってくれるシーン

ジーンとくるものがありました。

その話は、読んでのお楽しみということにしておきましょう。

 

癒しと空腹感を運んでくれる「ラーメン赤猫

ぜひご堪能ください。

終わりに

ここまで、

アンギャマンさんの「ラーメン赤猫

を紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

いやー赤猫スペシャル食べたくなりますね(笑)

満腹になれて癒しももらえる…、

赤猫最幸かよ!!

こんな店あったらいいなを叶えてくれましたね。

繰り返しになりますが、

ぜひ読んでみてくださいね。

 

当ブログでは、これからも

漫画や小説などの紹介記事を投稿していきますので、

楽しみに待っていていただければ幸いです。

 

また、このブログの他に

Twitterでも、

新刊の購入・読了ツイートブログの更新ツイート

をあげたりしているので、

よかったらフォローしてください(*´∇`*)

今回はここまで!

ありがとうございました。

 

追記(4巻発売時)

2023年6月7日、第4巻が発売となりました。

その時の読了ツイートはこちら↓

ツイートでも言っている通り、新猫が登場します!

ジュエルくんでぃえす!!!

 

おっと、口癖が移ってしまいました(;’∀’)

 

ジュエルは、

猫のホストクラブを作りたいという目標をもっていて、

接客を学ぶために「赤猫」で働くことになりました。

チャラそうな見た目とは裏腹に、

根は思いの外真面目な猫で、

夜な夜なラーメンを運べるようになるために筋トレをしたり、

ハナについて回って、言葉遣いや動きを真似して覚えてみたりと、

「赤猫」の戦力となるべくちゃんと努力します。

ただ、ジュエルが来たことで、

「赤猫」スタッフの凄さが際立って見えてきました。

ハナの接客一つとっても、

お客さんに合わせた接客の仕方

店全体の状況を見ての注文の取り方

初見さんに対してのトーク術など

正直言って、かなり勉強になりました。

また、違う話になるのですが、

珠子がお店のためになればと、

メニュー表を作ってきた話があるのですが、

猫たちからは「これはいらないね」と一蹴されちゃいます。

というのも、「赤猫」にくるお客さんは

ハナの接客が楽しみで来る客が多いからというのが理由です。

この辺からも、マネジメントの重要性を学ぶことができました。

また、自社開発で注文アプリも作っていたりするので、

やっぱりこの猫たちは半端ないっす( ゚Д゚)

 

今回は、

ジュエルが加入したことで見えてきた

「赤猫」スタッフの凄いところ

みたいなテーマで紹介してきましたが、

他の話では、人の温かさを感じるような話もたくさん入っています

気持ちのほっこりするような作品なので、

ぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました